カンボジアニュースJPKH

世界遺産のアンコールワットをはじめとした観光情報はもちろん、カンボジアの社会・スポーツ・政治・経済・環境などをジャンル別でお届けします。

ハノイ証取とホーチミン証取が合併へ

   

時価総額1275兆ドン(約6兆2600億円)で規模は小さいですが、投資家の利便性が高まり売買拡大が見込めますね。欧米の市場関係者の反応に注目したいです。

 ベトナム・ハノイ証券取引所のトラン・バン・ドゥンCEO(最高経営責任者)は記者会見で、ホーチミン証券取引所と合併する計画を進めていることを明らかにした。地元紙タンニェン(電子版)などが13日付で伝えた。

 トランCEOによると、両証券取引所の合併には、外国からの投資を呼び込み、市場運営の透明化を強化する狙いがある。両証券取引所は16年末までに共通の株価指数を導入する方向で共同作業に入る。現時点ではホーチミン証券取引所のベトナムVN指数に一本化する可能性が高いと見られている。また、債券取引も1カ所に集約されるとしている。

 両証券取引所の時価総額は合計で1275兆ドン(約6兆2600億円)超。うち約88%をホーチミン証券取引所が占めている。

情報元: モーニングスター、<新興国eye>ベトナム・ハノイ証取とホーチミン証取が合併へ

ちなみに、一部市場の時価総額は次の通りです。

取引所名 時価総額(百万米ドル) 対世界比
NYSE 19,490,633  29.55%
Tokyo Stock Exchange 4,751,890 7.21%
Shanghai Stock Exchange 4,146,401 6.29%
Euronext 3,544,319 5.37%

参考: 楽天証券、2015年2月末 世界主要取引所の時価総額

 - ベトナム