カンボジアニュースJPKH

世界遺産のアンコールワットをはじめとした観光情報はもちろん、カンボジアの社会・スポーツ・政治・経済・環境などをジャンル別でお届けします。

バスルーム・洗面台・トイレ | ダイアモンドパレスホテル

   

客室へ入ってすぐ右側、バスルームを見てみましょう。


ドアを開けた瞬間、まず見えるのが洗面台です。

 


洗面台の全体像です。

 


特に女性は髪のベストコンディションを保つためにも、ヘアケア用品を持参したほうが良いでしょう。スーパーでも販売されていますが、一般的に海外ブランドが多いです。

 

マイナスイオンは出ません。(笑)

 


洗面台の隣にあるバスタブです。

 


バスタオルとハンドタオルがそれぞれ2枚ずつ。ルームメイクで使用された枚数だけ交換してもらえます。カンボジアのタオルの吸収性は日本のものと変わらないです。

観光土産としてシルク素材の衣料品は有名ですが、綿素材のものもしっかりしています。

 


ウォシュレットタイプではないです。ティッシュペーパーを流せます!
【初めてカンボジアへいく方へ】基本的にトイレにペーパーをながせません。中級以下のホテルやゲストハウスでは流せないところばかりです。備え付けのゴミ箱に捨てるか、写真にも写っているハンドシャワーでおしりを綺麗にします。初めは慣れなくて嫌かもしれませんが、配管から水処理技術に至るまでの下水処理設備がまだまだ整っていないためです。ダイアモンドパレスホテルは大丈夫なので、ここもメリットの一つです。

 


2mくらいの人まで浸かれる広さです。

 


温水が出るので快適です。カンボジアの8月は25-35℃、スコールが一気に大気を冷やすこともあり、日本のように一日中暑さが残ることはあまりありません。

温水がでないと辛いという方は、宿泊先を選ぶときにここもチェックするといいですね。

 

>> 無料の朝食(ドリンク付)について <<
(クリックで次へ進む)

 - ダイアモンドパレスホテル