カンボジアニュースJPKH

世界遺産のアンコールワットをはじめとした観光情報はもちろん、カンボジアの社会・スポーツ・政治・経済・環境などをジャンル別でお届けします。

【画像あり】タイからカンボジアへ陸路(バス)で行く方法

      2013/08/29

バンコクからカンボジアへ行く方法

読者さんの中にはタイ・バンコクから陸路でカンボジアへ入るかたも多いと思います。スワンナプーム国際空港からプノンペン国際空港へ飛んでいいのですが、バスを利用して陸路でスムーズにカンボジアへ行く方法をまとめました。

写真の黄色マーカーの国境のまちを目指します。タイ側はアランヤプラテートでカンボジア側がポイペトです。Googleマップを貼り付けたのでお役立てください。


大きな地図で見る

いまからご紹介するのは、2010年に実際に当ブログ管理人が利用した交通手段になります。経由地は以下の通りです。

1.タイ・バンコク市内・ラーマIV通り
2.国境の町 タイ・アランヤプラテート
3.国境の町 カンボジア・ポイペト
4.ポイペトからシエムリアップやプノンペンへ

タイ・バンコクには高架鉄道(BTS)と地下鉄(MRT)が通っています。どちらでも可能ですが、まずはシーロム(Silom)駅へ向かいます。トゥクトゥク、オートバイタクシー(バイタク)、バスなど何を利用しても着きますが、時間帯によって道の混み具合が変わりますので、電車または男性ならバイタクがおススメ(※)。バンコク市内の渋滞は半端ないです・・・。

(※)バイタクは渋滞をスルスルすり抜けてくれますが、危険な運転をする方もいます。私はノーヘルの運ちゃんをあえて捕まえてみたら案の定危険な運転をしてくれました。50CCサイズのバイクで時速70kh近くまでだされ突き抜けていきます。エンジンは改造していたかもしれません。とにかくヒヤヒヤしました。

利用する予定だったのは現地旅行会社が運営しいているV.I.P.バスです。地上のシーロム(Silom)駅から毎日5:00と8:40に出発します。事前にルンピニ(Lumphini)駅からシーロム駅間のバス乗り場へ1時間おきに2階建てのV.I.Pバス(V.I.Pと書かれている)がきてアランヤプラテートへ向かうと聞いていたので、7:30頃にシーロム駅へ到着。念のためにシーロム駅でまっていたサラリーマン風の方に尋ねてみると、それは1時間以上待たないといけないとのこと。時間がなかったので、彼に他の方法を尋ねたところ他の旅行会社が運行しているバスが8:00am到着するから、それで行けばいいよって親切に案内していただけました。忙しいはずの朝なのに親切にしてくれてありがとう。

旅行会社をチェックし忘れてしまいました。こんなときは現地の方に聞けば色々と教えてくれるので大丈夫!ただ、どこの国でも怪しい人はいるので、不安に感じたらダブルorトリプルチェックしていきましょう。

※シーロムの写真挿入

8:00頃グリーンの二階建てバスが到着。アランヤプラテートまで片道200B、同日の往復チケットなら300Bです。高速道路を利用して途中休憩を1回はさみ約3時間かかります。水一杯がサービスでついています。エアコン完備、椅子も倒せるタイプで、日本のレギュラーバスと同レベルです。東南アジア特有の運転手好みの爆音を流されることもなく、比較的安全運転なので仮眠もできます。

予定通り約3時間後にアランヤプラテートへ到着。いまから出国審査について案内します。

⇒ 出国審査のまとめ

 - 出入国の準備 ,