カンボジアニュースJPKH

世界遺産のアンコールワットをはじめとした観光情報はもちろん、カンボジアの社会・スポーツ・政治・経済・環境などをジャンル別でお届けします。

ウェブでカンボジアのビザ(e-Visa)を取得する方法

      2016/03/07

スポンサードリンク

カンボジアe-Visa取得方法

在日カンボジア大使館のビザ申請案内のページをご覧ください。最下部にe-Visaの申請方法が案内されています。ここからたどってe-visaを取得していきますので、カンボジアを訪れる際に参考にお役立てください。

>> 在日カンボジア大使館のビザ申請案内

上のページの最下部に5- E-visa にご注意くださいと書かれています。この文言からして、大使館は推奨されていないことが伺えますね・・・。

おそらく、偽サイトで申請した方のトラブル相談などが寄せられているのでしょう。ご不安な方は大使館が案内されている通りに、

時間もお金も節約されたい方は、こちらでご紹介している申請となりますね。

 

1.e-Visa申請に必要なもの

  • カンボジア入国時点で残期間が6ヶ月以上あるパスポート
  • 最近撮ったパスポートサイズの顔写真データ(JPEGまたは PNGフォーマットのもの)
  • 有効なクレジットカード (Visa/MasterCard/American Express/Discover)

これら3つを事前確認してください。顔写真については、写真館でもらった電子ファイルや証明写真で撮影したものをスキャナで取り込んで加工したり、デジカメで撮影したファイルを使えば大丈夫です。

 

2.カンボジア外務省国際協力省のウェブサイトに入る

先にご案内したページの最下部に『e-visa 偽サイトにご注意』とあります。そちらに以下の注意書きがされています。

E-Visa とは、カンボジアの外務国際協力省がオンラインで直接発行する観光ビザで、外務国際協力省の公式式ウェブサイトのみ www.mfaic.gov.kh で申請が可能です。くれぐれもご注意ください。

E-Visaについてのお問い合わせは、下記へ直接お願いいたします。何らかのトラブルが生じても、大使館・領事館では一切対応できませんので、あらかじめご了承下さい。

偽ウェブサイトを作成して個人やクレジッドカード情報を盗む輩が世界中にいるので要注意です。でも、当サイト【JPKH】でご案内する公式サイトなら大丈夫。それでは進めていきましょう!

>> 外務国際協力省の公式ウェブサイトのe-visa申請ページ

 

3.公式サイトの指示通りに進めていく

ここからは英語で見慣れない画面表示ばかりになりますし、クレジットカード情報を入力する必要があるしで、ちょっと億劫になるかもしれません。でもでも、一回やり遂げてしまえば「こんなに簡単で、逆に大丈夫なの?!」って変な不安が生じてしまうかもしれません。

それくらいさっくり進めていけますので、こちらを参考にされながら一気に進めてしまうのが、インターネット上でのカンボジア・ビザ申請のポイントです。

カンボジア外務国際協力省の公式ウェブサイトのe-visa申請ページ
【画像1】公式ウェブサイトのe-Visa申請ページ

『APPLY E-VISA HERE』と点滅した文字の右側にe-Visaのアイコンがあるのでクリックします。

 


【画像2】英語表記のe-Visa申請ページ

全て英語ですが、『Language』と書かれた右側の日本国旗をクリックすると日本語表示に変わります。

日本語ページを読み進めていくと、特に難しいことは書かれていないと思います。注意点としては、入国タイプがシングルエントリー(1回のみ入国可)であることでしょうか。

カンボジアから隣国のタイやベトナム等への観光ツアーが多数あります。現地旅行代理店が外貨稼ぎのためにいろいろなツアーを組んでくれているので、隣国へ遊びにいったときは再度Visaを取得する必要があります。

 

ページ最下部に次の画像が表示されます。「なぜここだけ英語なの?」と不安にならなくて大丈夫ですよ。


【画像3】ビザの支払い方法のご案内

『electronic money payments』は電子マネー、『2C2P』は次に費用を“Credit Card Payment Processor”の略称でクレジットカード決済を意味します。

 

4.連絡先を記入する

先ほどと同様に初めは英語表記です。日本語に切り替えると以下の画像が表示されます。


【画像4】連絡先記入フォーム

電話番号は国際電話になるので、81をつけてください。例えば、携帯電話090-1111-0000を記入するときは819011110000となります。

全て記載して『I agree』をクリックします。

 

5.申請フォーム

ここはパスポート通りに記載していきます。誤記入があると審査カウンターで問われる可能性があるので注意しましょう。


【画像5】ビザ申請フォーム

Residential AddressはJapanだけで大丈夫です。審査カウンターで詳細を質問される可能性もあるので、それを避けたい場合は細く記載しましょう。

申請者の写真で準備しておいた電子ファイルを選択してください。

If Exact Date Is Unknown, Enter Estimated Dateとあるので、入国予定日で大丈夫なはずですが、できれば確定日を記入しましょう。その理由はのちほど紹介していますので、ここはひとまず進めていきます。

 


【画像6】旅行情報
optional は自由なので記載する必要はありません。『Save Application』をクリックします。すると『Application(s) are waiting for processing』が表示されます。

 


【画像7】顔写真の確認

正常に写真がアップロードされていると、こちらで表示されます。確認したら『Continue To complete your application 』をクリックします。

 

6.申請フォームの確認

入力した内容を確認するために以下の画像が表示されます。


【画像8】申請フォームの確認

先ほどは入国日のところに“If Exact Date Is Unknown, Enter Estimated Date”とあったのに、ここではビックリマークで“Please double check fields with icon to avoid any mistake. If you want to make changes, click here.”とあります。

訳すと「ダブルチェックして間違わないように。もし変更があるなら、ここをクリックして修正してね。」となります。

可能であれば、確実に入国する日を記載しておいたほうがいいですね。間違いがないことを確認して『Continue』をクリックします。

 


【画像9】支払い前の確認事項

ここのページは日本語表記されないので、ブラウザのgoogle chromeやgoogle translatorなどのアプリで翻訳するのもいいですね。

支払いが上手くいかないなどの問題が生じたとき『Check & Change URL』へアクセスして、『Reference Number』『Primary Email』を入力する必要があるので印刷するかメモに残しておくと安心です。

さらに下へスクロールしていきます。

 


【画像10】支払いボタン

『Continue to proceed payment』をクリックしてください。

 

7.支払い



【画像11】クレジットカード情報の入力

合計金額はUSD28です。内訳は VISA代金: USD20、システム処理料: USD5、銀行手数料: USD3 です。

&mbsp;


【画像12】申し込み状況
『Payment Status』はApproved(許可)ですが、『e-Visa Status』と『Certificate』がPending(未決・審理中)となっています。

要するに、「正常に支払いを終えましたが、いまから人が審査をするのでちょっと待っててね。」ということなので、ご安心くださいね^^

&mbsp;



【画像13】支払い完了メール内容

無事に支払いが完了したこと連絡先のメールで届きました。

 

7.e-Visa取得

金曜の21時ごろ(日本時間)に支払いして、翌日土曜の11時ごろにメールでe-Visa(観光ビザ)が届きました。休日にもかかわらず朝一で処理してくれたようです!


アンコール遺跡がモチーフとなった素敵なe-Visaがとどきました。念のために記載内容を再確認して、入出国で審査カウンターへ提出するために2枚プリントアウト(白黒・カラー両方可)してパスポートにはさんでおきましょう。

有効期限は3ヶ月間です。滞在期間が30日間となっています。これより短い滞在時間でも問題ありません。

カンボジアの観光ビザのウェブ申請は10分ほどで終了します。時間節約になるので、よろしければご活用ください。

 

【同じ宿泊先を少しでも安く予約できるWEBサービスについて】
ホテルなど宿泊先の予約をどのようにされていますか。同じ所へ泊まるにしても、ご利用になる業者・サービスの違いによって驚きの価格差となることがあります。下のページではホテル比較サイト同士をさらに比較できるHotelsCombined(ホテルズコンバインド)TripAdvisor(トリップアドバイザー)を合わせて利用し、宿泊代金を最安クラスにする方法をまとめました。大幅な節約になりますので、宿泊先を決めるときにお役立てください。
常に最安クラスで宿泊先を探す方法について

 

共有のお願い

ウェブ上でカンボジアのビザ(e-Visa)を取得する方法はいかがでしたでしょうか。皆さまがe-Visaを取得される際に少しでも抵抗なくご利用いただけるよう、画像付きで分かりやすくなるように努めました。

こちらのページをご覧になって、実際に申請が簡単になったとか、不安を覚えることなくウェブサービスをご利用いただるようでしたら、宜しければ以下のツイッターやフェイスブックアイコンから共有していただければ幸いです。

良い情報と思っていただけた方々にシェアしていただけたなら、当サイト【JPKH】の管理人は大変嬉しいです。

 - ビザ, 出入国の準備 ,