カンボジアニュースJPKH

世界遺産のアンコールワットをはじめとした観光情報はもちろん、カンボジアの社会・スポーツ・政治・経済・環境などをジャンル別でお届けします。

必見!低価格にして上質なカンボジアのホテル選び


インターネットの海外ホテル・宿泊料金比較サイトをフル活用することで、低価格なのに上質なホテルへ泊まることができます。

 

Expedia(エクスペディア)を聞いたことがありますか?

 

アメリカ・ワシントン州に本社を構え、1996年にマイクロソフトの一部門として設立された世界最大の旅行予約サイトです。

日本の価格.comのようなもので、海外ホテルの最安価格を超簡単に検索することができます。

例えば、「11月1日~9日、首都プノンペン、大人2名」で検索すると、129件ものホテルが一覧表示されます。

 

 

しかも最低価格が保証されており、もし他のサイトで安いホテルを見つけたら差額+1万円~最大10万円のクーポンがもらえます。

 

 

「なぜ、インターネットなのに最低価格が表示されるのだろう?」

 

こんな疑問をいだくかもしれませんね。これを実現できるのがマイクロソフト社由来のIT技術です。

日本の価格.comと同様、ホテル価格比較サイトはITが鍵を握っています。いかにして正確に最新の情報を反映させるかが勝負と言っても過言ではありません。

エクスペディアの営業スタッフが交渉で獲得してきたホテルの格安価格やツアーとのセット案件、これらをIT部門が敏速かつ着実に反映させていくのです。

 

しかし、こちらでご紹介するのはエクスペディア一存の検索ではありません。Hotels.com(ホテルズドットコム)とのダブルチェックです。

続いてホテルズドットコムの説明に入りますので、エクスペディアだけで充分という方は公式サイトをご参考ください。

 

ホテルズドットコムとは?

ホテルズドットコムはエクスペディアの子会社です。結論からすると、同じホテルの価格は両社ほとんど変わりません。若干エクスペディアの方が最低価格や空き室表示が早いように感じます。

 

「ほぼ同じ結果なのに、なぜ、
 二つの会社でWEB上に表示させるのだろう?」

 

ウェブ上にはエクスペディアの競合がたくさんあります。それらと競い合ってネット上で表示させていくのですが、エクスペディアとしては自社と関連会社の結果のみを表示させることが理想です。

ただ、エクスペディアのみのでは無理があるので、子会社を作ってそちらにも同じ結果を上位に表示させていきたいのです。

 

また、ホテルズドットコムの方が日本人の方々に使いやいです。予約が完了すると全て日本語表示で確認メールが送られてきますが、エクスペディアだと、ところどころ英語が混ざっています。

ホテルに特化しているので、HPがシンプルで見やすいです。エクスペディアはツアーや旅行保険などがギュウギュウに詰め込まれています。

そして非常に心強いサービスとして、日本からはフリーダイヤルで予約や相談を受け付けてくれています。

エクスペディアとホテルズドットコムの間でも、サービス面で競争させているのかもしれませんね。私たち利用者としてはさらに使いやすくなるので嬉しい限りです♪

 

まとめ

カンボジアの低価格で上質なホテルを選び方は、エクスペディアとホテルズドットコムをダブルチェックすることです。

もし他のサイトで安いところをみつけても最低価格保証があるのでおトクです。

条件を満たしてくれるホテルを漏らさないおススメ検索法なので、カンボジアへ行くときにお役立てください。

公開日:
最終更新日:2013/08/31


Message

メールアドレスが公開されることはありません。